« 2008年9月 | トップページ | 2009年6月 »

2008年11月

実習最終日!

 今日も無事に終わりそうです。
実習日も今日が最終日です。一障害者としては無事に出来たことは大変うれしいです。
今日は午前中はテルベにてチラシ配りを行いました。皆さんによくしてもらい、途中で休み等もいただきましたがどうやらやりぬくことが出来ました。作業所の方たちが一生懸命に作られた作品を売る手伝いが少しでもできたことは私にとりましても嬉しかったです。
 午後は成年後見制度についての区民のための説明会でした。もともとの制度が民法からの制度なので説明が少し複雑なところはありましたが、少しは理解できました。これからもこのような説明会が行われるという品川区は非常によいと思いました。
 今日で実習も終わりです。社協の皆さんのおかげで終了できました。皆さんにご迷惑をおかけしましたが、ありがとうございました。これからも社会福祉士養成課程での勉強は続きます。頑張って卒業はしたいと思っています。
 では皆さん、ご発展をお祈りいたします。

                      井出 隆 

 初日は長いかも・・・と感じた12日間もアッという間に最終日。
 今日は午前中はテルベのワゴンセールです。チラシ配り等、なんとかたくさん売れるように頑張りました。しかし、なかなか慣れていないと「呼び込み」的なところが苦手で、終わってしまった今も「もう少し声かけすればよかった・・」と結局先日の販売補助の実習の時と同じ感想になってしまい、反省です・・。
 商品には先日お世話になった作業所も当然出品しています。顔を覚えて作業生の作品が売れていくのを見るのは本当に嬉しい! 販売補助の時は作業所での実習前だったのですが、今回はやはり見方が違いました。それぞれの作業所で、出品されている作品は様々。今の季節のクリスマス商品など、購入したいものがたくさんでした。(購入しました!) ワゴンセールの時も勿論ですが、日常のテルベでもお客様がたくさんくることを願うばかりです。
 
 午後は成年後見センターによる「制度説明会」に出席しました。出席するまで誤解していたのですが、本当に後見「制度」がどういう過程で出来てきたのか、理念はどういったものか、根拠はどこか、といった「制度」の説明会で、後見センターのわかりやすいパンフレットで理解をしてきた身としては、「やっぱりこういう話になると難しい・・」というのが正直なところでしたが、やっぱり制度をきちんと理解するためには避けて通れないところ。今日理解できなかったところも自分への宿題として勉強してみようと思いました。

 今日で本当に実習は最終日。毎日毎日実習日誌を書くのもかなり大変で、体力も使う日々でしたが、こうやって最終日を迎えてしまうと、なんだかまだもう少し「この12日間を踏まえて」学んでみたいという気持ちになります。実習の上で学ぶべきところが本当にたくさんあったのは勿論ですが、実は、普段は別の事業所で働いている私にとっては、違う職場を見るということも、実習以外でもとても刺激になることで、いろいろと勉強させていただくことがたくさんあって、自分の中にあるスタンダードを見直すことにもなりました。非常に有意義な12日間だったと振り返って強く思います。

我々、実習生を迎えるにあたり、職員の皆様に時間も手間もとっていただいたことに深く感謝いたします。ありがとうございました。
社会福祉士の受験自体は再来年になりますが、この経験を糧として、また頑張っていきたいと思っています。本当にありがとうございました。

                      浜本 幸枝

 

|

実習11日目!

 今日も無事に終わりそうです。
 今日は午前中複合の特養の訪問見学です。私が考えていたよりは明るくきれいな建物でした。規模も大きかったです。私が感じた一番大きなことはやはりトップにたつ人の理念とか考え方によってよいホームかどうかが決まると思います。なるべく自由な生活を送れるホームが増えることを私は願っています。
 午後は福祉ショップテルベの販売のお手伝いをさせていただきました。小さなお店なのでそんなには顧客が来ませんでした。品川区ではいろいろな施設から売られる品物が集まってくることに驚きを感じました。やはり物品を販売することは品物がよいことが一番だと思いました。でも販売員の方は一生懸命売られていることが伝わり、よかったと思います。お正月も休みなく販売されるということなのでちょっと厳しいかなと思いました。福祉の仕事は販売の仕事といえやはり理念が必要だと思います。
 明日一日となりましたが無事に終わるように頑張りたいと思います。

                        井出 隆

 午前中は区内の特養を見学させていただきました。普段特養で働いているので大変興味深く施設長さんのお話も聞くことができました。なんといっても広くてきれいなのにびっくり。しかも土足OK。衛生上に気をつければ利用者さんもご家族も土足のほうが楽でしょうという言葉に納得でした。(区内の施設はほとんどみな土足OKなのを初めて知ったので・・)そして、一番印象に残ったのは「決め付けられた生活を決め付けられた時間割で過ごしてもらうことが介護ではない。できるかぎり、今までの生活と同じように、そして「ああ、よかった」と思ってもらうことが介護ではないか」という施設長さんのお話です。
 お風呂に入るのは普通は夜である、だから夜間入浴をしよう! みんなお寿司が好きなのだからなんとか安価にお寿司を食べてもらえるようにしよう! 秋なんだから運動会をしよう! 買い物気分を楽しんでもらうためにお店を呼んでしまおう!と クリエイティブに施設を運営していらっしゃるお話を聞いてその熱意が伝わって、感動しました。非常に有意義な時間でした。

午後は「さわやかサービス」のおでかけサービスを見学です。実際に車椅子に乗ったまま車に乗ってみると・・・今まで味わったことのない感覚・・。なんだか振動が直に伝わってくる感じで床が身近に感じるなど、実際に経験してみないとわからないことを学ぶことができました。おでかけサービスはとても「あってよかった」と思えるサービスだと思いますが、まだ稼動には余裕があるようで、ニーズとうまく結びつくことが出来ればきっとたくさんの方々の生活がスムーズに送れるだろうと思いました。

ついに明日で最終日です。
なんだかアッという間ですが、たくさんの経験をさせていただいていることをしみじみと実感します。有終の美が飾れるように明日も頑張りたいと思います。

テルベのワゴンセールが賑わいますように!

                    浜本 幸枝

|

実習10日目!

 私は午前中、ファミリーサポートセンターの提供会員養成講座の最終日を見学させていただきました。全体的な印象としてはやはり、これからの社会は社会全体で子育てをしていかなければならない時代が到来したことを強く感じました。子どもの虐待防止に対してもファミリーサポートの事業の成功は欠かせないと思いました。これからも子育ての方法を社会全体で考えていきましょう。
 午後はボランティアニュースを封筒をつめる作業を手伝いました。障害者としては多少の手伝いが出来たことがうれしく思います。
 3時ごろから切手整理を見学させていただきました。こちらは私は細かい作業なので手伝うことは出来ませんが、来られるボランティアさんたちの会話を伺っていたところ、楽しそうだったのでよかったと思います。
Img_16741来週もあと2日ですが、最後まで頑張れればよいと思います。

                      井出 隆

 今日は久々に(といっても2日ぶりなだけですが・・)社協の事務所に戻ってボランティアセンターのボラミニ印刷・封入と切手整理に参加です。
 品川社協には印刷室があり、1,000枚単位も簡単な印刷機や折機もあって、個人的に羨ましいなあと思いながら、A3両面に印刷されて折られたボラミニを送付数どおりに封入するという作業を職員さんとボランティアさん3人と一緒にさせていただきました。
 途中、紙面やデザインに関してのボランティアさんたちの意見が出される場面に出会い、また、今日は切手整理もあるので丸1日ボランティアの日ということもお聞きして、積極的に活動されている姿を拝見して、素晴らしいなあと感じました。
 
 午後は30人ほどのボランティアさんと切手整理です。
切手を5ミリ程度の枠の余裕をもってきちんと切るという作業。皆様、時間前にぞくぞくと集まってこられ、作業が始まると楽しげにお話されながら、しかし手は止まることなくサクサクと作業が進んでいきます。私もすぐ隣で作業をさせていただいたのですが、2時間、楽しげな会話が止まるときは全くありませんでした!
 ボランティアをしながら、近況報告も含めて交流の場になっているのだなあとしみじみ。
肝心の切手整理ですが、私がほとんど2時間集中して切った量は、Img_16763

たったこれだけ! 結構大変な作業なのだなーと初めてわかりました。この切手が敬老杖や白杖の資金の一部になるとのことです。
作業中、珍しい切手を見つけたりすると、結構うれしい・・・。ちょっと画像とってみました。

Img_16735_5 【1972・札幌オリンピック記念!なにやら貴重そう。】


実習も今日で10日目。
三連休を挟んであと2日ですが、充実した2日間にしたいなあと思っています。

                       浜本 幸枝

|

実習9日目!

 今日も無事に終わりそうです。
今日は午前中は社協の事務所で商店街等に置かれている社協の募金箱の清掃の作業を行いました。あわせて15個くらいを午前中磨きました。非常にこびりついた汚れのあるものもありました。品川区は社協に対して募金が行われているということは非常によいことだろうと思いました。やはり募金箱そのものもきれいなほうが区民に対して失礼がないので一生懸命磨きました。私の住んでいる江戸川区には社協の募金箱は見たことがありません。非常に品川区は進んでいるのだろうと思いました。区民の全員の気持ちは金額は小さくても活かされていると社協の中にいて感じました。
 明日以降も出来るだけ頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

                     井出 隆

 本日は「ふれあい作業所」での2日目。今日も午前中は公園清掃です。作業内容は昨日と同じですが、公園が違ったのでまた気分も違いました。それにしても、この2日間は本当に気持ちよく晴れていて、青い空に紅葉がとてもきれいでラッキーでした。
 さて、作業は同じなのですが、気づいたことは、公園の造り(コンクリートだとか、砂が深いとか等々)で、掃き方を初め、かなり掃除の仕方が違うということ。今日の公園は砂が深いところもあって、カゴで振るい落とすのに大変な時も。しかし、公園がきれいになっていくのは本当に気持ちがよくて、全部清掃後にお茶を飲んだのですが、ほれぼれしながら眺めてしまいました。
 それからまた水神公園でゴミの分別作業。昨日とはまた違ったゴミの内容で、その日その日で違うことを実感しました。情けないのですが、昨日と今日の慣れない箒とちりとり作業で肩が結構筋肉痛・・・。作業生の方を見習わなくちゃと反省しました。。
 
 午後は支援いただいているという町会の会館を掃除後、室内作業で栞つくり。今度は商品としての栞につける人形の頭の部分をたくさん作るという任務です。ボンドを使いながら作っていくのですが、これが結構大変で納得いく出来のものはほとんどない有様・・。一つの商品が丁寧な手作業で作られていることを実感させられました。テルベの販売補助の実習を既に終わらせてしまっていたのですが、この過程を経験してから店頭に立ったらまた意識が違ったなあと思いました。

「ふれあい作業所」での実習は2日間だったのですが、一人一人の作業生さんの名前も覚えたところで、本当はもう数日、仲間に入れてもらって実習したかったなあというのが感想です。いろいろ足手まといになった点も多くあり、ご迷惑もかけたと思いますが、私としてはたくさん得るものがありました。本当にありがとうございました。

あと3日間、たくさん吸収できるよう、頑張りたいと思っています。

                      浜本 幸枝

 

|

実習8日目!

 今日も無事に終わりそうです。今日はさわやかサービスでニュースの印刷を午前中見学と少しの手伝いをいたしました。印刷部数が非常に多く驚きました。そしてそれを送るところの数も驚きました。印刷工場を社協が持っているような気がいたしました。
 午後は「ふれあい作業所」の西品川分室で見学をいたしました。そこは知的障害者の作業のための施設でした。私は障害者ですが、小学校の時には養護学校に通っていましたがそれ以来知的障害者に接した経験がありません。ですから、コミュニケーションが非常に難しかったです。私も簡単な作業を一部手伝わせていただきました。私の障害を考えた場合は手先の仕事は難しいと感じました。それから実習生としては職員の方々が明るく障害者に接していられまして非常によかったと思っております。
 知的障害者の場合は作業の教育が長期に渡ると思うので職員の明るい教育が実を結んでいて将来への希望がもてます。
 明日からも頑張りたいと思います。
 

                   井出 隆

 今日から2日間、社協事務局を離れて、「ふれあい作業所」での実習でした。午前中は公園清掃。この作業は毎日あり、特に週末をはさんだ月・金は一日中公園清掃とのことでしたが、本日は水曜日なので午前中のみです。

朝礼とラジオ体操をしっかりして、首にタオルを巻き、帽子を被って4~5人のグループに別れていざ出発!
今日の担当の公園につくと、竹箒とちりとり、カゴ、ゴミ袋を使って落ち葉を中心に収集していきます。(カゴは砂を振り落とすために使用するとのこと。)箒とちりとりを使うというのが本当に記憶にないくらい久しぶりで、なかなか効率がうまくあがりません・・。周りの作業生の方はマイペースながら、慣れた手つきで進めていくのですが、なんだかとっても足手まといのようなスタート・・。
途中で、落ち葉の大きさによってカゴに直接手でいれたほうが早い等いろいろアドバイスをいただいて、なんとか少しずつコツがのみこめるようになっていきました。天気がよかったので、動いていると暑いくらいで、休憩のときの麦茶が美味しい!
 
 2時間ほどして次の公園へ移動。ここではゴミの分別を担当しました。公園に捨ててあるゴミは産業廃棄物として扱われるとのことで、タバコの銀紙なんかも不燃に分けるそうです。そこで、ゴミのモラルのなさにちょっとびっくり。「家庭ゴミとか犬のフンとかおむつとか、多いんですよ」と職員さんが仰っていたのですが、本当に最初からフンと家庭ゴミが・・。なぜ公園に捨てる!annoy 
 本当にこのゴミ分別にはいろいろと考えさせられました。水曜日だったから、まだ少ないほうなのでしょうし、夏にこのゴミ分別はきついだろうなあということも容易に想像できました。しかし、自分でもお弁当をまとめて(不燃物のケースとと可燃の割り箸を一緒にして)捨てたこともあったはず、と振り返って大反省・・。改めて、社会福祉士の実習ですが、それを超えて、今日やらせてもらってることは大事だなあと感じました。

 午後は室内にて栞つくり。実習の記念にと自分の分を作らせていただきました。こういうことにかけてちょっと不器用な自分にがっかりしつつ、でも作品が出来上がる過程を知ることができ、楽しい時間でした。

 1日目は半数くらいの作業生の名前と顔を覚えることができました。自分の作業に精一杯だった今日を反省して、明日はもっと作業生の方とコミュニケーションをとろう!というのが目標になりました。いろんなことに感謝の1日でした。

                      浜本 幸枝
 
 
 

|

実習7日目。

今日も無事に終わりそうです。
成年後見の制度について学習いたしました。
個人的には久しぶりに法律の講義を聞いたような
気がいたします。楽しいといってはバチがあたるこ
とですが、世の中には不幸な人たちがいまして
それらを助けようとする人たちに対して尊敬と
感謝の気持ちになりました。
明日から実習も後半になるかと思います。
病気とかにならないよう頑張りたいと思っております。

                 井出 隆

 本日より実習後半戦です。
午前中は区役所で行われた成年後見制度の「ケース
会議」に出席させていただく機会を得ました。

様々な質問が飛び交いながら現実に起きている問題
の今後の方向について話し合われる実際の現場を
体験できたのは、本当に貴重な時間でした。

午後は社協に戻り、午前中のケースについての
質疑応答や、事業についての更に踏み込んだ講義
がありました。

学ぶことはとてもたくさんあったのですが、特に、
成年後見センター、品川社協が成年後見の代理人
申立等、他の地域に先駆けた活動をしているという
ことや、「家族」の「場」を可能な限り成立させていくよ
うな後見の仕方が社協であればできるというお話は
とても心に残りました。

後見センターでは来週も実習させていただく機会が
あります。とても興味がある分野ですので、とても
楽しみですshine

明日からは「ふれあい作業所」での実習です。
寒くなりそうですが、頑張ります!

                  浜本 幸枝

|

実習6日目!

午前中は大井ファミリーサポートセンターの
「提供会員養成講座」に参加です。
地域での子育てに参加して下さる方々が15名ほど集まら
れました。
Img_16611_2 VTR・ホワイトボードによる説明の後、
それぞれ役を与えられて、この場合どうするか、といった
ロールプレイもしてみました。
急に役がふられるので、頭の中で混乱してしまったり。。
私は提供会員さんに子どもをお願いしに行く依頼会員の役
だったのですが、なかなかうまくいかず・・難しいなあと実感
させられました。
Img_16663_2
午後は福祉ショップ「テルベ」にて販売補助の実習でした。
様々な作業所の皆さんの心をこめた品々がイトーヨーカドー
6Fの一角に並びます。
販売補助という役割でしたが、なかなか難しくあまりお客様と
接することができないまま終わってしまい、反省です・・。

来週は年に1度のワゴンセールも開催されます。
今日の反省を踏まえて、お客様とたくさんお話ができれば、
と思っています。

                      浜本 幸枝

 私は午後にさわやかサービスのおでかけサービスで使われる
福祉車両車椅子が乗せられる車で利用者さんが今度行かれる
病院の下見に同行させていただきました。
 私は障害者ですが日常は車椅子を使っていません。初めて
福祉車両に乗らせていただきました。昔と違い、乗り心地も
よいということを担当者は言われていました。
それよりも福祉車両を使う予定のやりくりが大変そうで驚き
ました。自分で病院等に行かれない人たちにとって福祉車両は
ありがたい存在であることがよく理解できました。
明日以降も頑張って通いたいと思います。

                     井出 隆

|

実習5日目!

 午前中は、所属している品川介護福祉専門学校へ。
Img_16581

「品川区に優秀な介護人材を」ということでスタートした学校
の、我々は通信過程の学生なのですが、本日は授業を見学。
高卒で入る方が7割ということで、若いオーラが溢れる教室
で1時限~2時限の途中までを見学することができました。


午後は品川成年後見センターの事業説明です。
マンガの資料なども加えて後見について学びました。
必要作成資料や、制度など、複雑な部分が多いですが、非常
に興味深く、高齢化社会で今後ますます必要になってくる制度
であると強く感じました。

品川成年後見センターを取り上げたテレビ番組を見せていた
だいたのですが、高齢者を狙う悪徳業者の手口は本当に
お年寄りの心に付け入った狡猾なもので、この後見制度
を利用する方が広く普及することにより、安心した地域での
生活が保障されることを強く願わずにはいられませんでした。

来週18日も成年後見センターの実習があります。
より深く知識を深められればと思っています。

                       浜本 幸枝

 今日も無事に終わりそうです。
後見制度については私も障害者であり、興味がありました。
制度論として、教科書等に書いてあることの知識だけは
少しは持っていましたが、実際に使うという情報については
知りませんでした。
実際に使う場合のサポートのことが重要であることがわかっ
て、よかったと思っております。

                       井出 隆

|

実習4日目!

Img_16573_2 

本日は、品川区の民生委員さんが1年に1度一堂に会するという
「合同民生委員協議会」に終日参加させていただきました。
午前中は準備。
一人一人の委員さんにお渡しする内容が違うということで、名札
付の紙袋に袋詰め作業をしました。
Img_16521

それだけ、民生委員さんというのは1人1人担う役割がそれぞ
れ違っているんだなと実感しながらの作業です。

今日は1年に1度ということで300人ほどの民生委員さんが
集まられました。

Img_16552

児童保健事業部長さんによる講演、
「地域社会が見守る 子育ち親育ち支援」では

「その家その家で子育て文化は違っていい。それぞれの家で
『我が家の家訓』を作りませんか」という呼びかけが心に残り
ました。

1年に1回という合同民協に参加できるのは11月実習生の
特権ということで、非常にラッキーでした。

                         浜本 幸枝

 今日も無事に終わりそうです。
民生委員のことについて何も知らなかったのですが、今回
少しは仕事の内容の一部が理解できたような気がいたし
ます。明日からも頑張ります。よろしくお願いいたします。

                                                       井出 隆

|

実習3日目!

 本日は午前中は「さわやかサービス」と「ファミリーサポート」
の事業概要について学ぶ機会を得ました。

 有償在宅福祉サービスである「さわやかサービス」を利用さ
れているのは8割がたは高齢者の方とのことでしたが、サービ
スを提供する側の協力会員の方々が60代・70代の方が多いと
いうことに驚きました!

 しかし、認知症の方の見守り事業などは、同じ時代を生きて
きた70代後半からの協力会員さんの方が若い会員よりもずっ
とご利用者と会話が弾むのだとの説明を受け、なるほど~と
深く納得。確かに、何年か年が違うだけで自分でも話すネタ
がなかったりということは経験がありました。。

 午後は、実習生はバラバラに個人宅の訪問に同行させて
いただきました。私は高齢のご夫婦のお宅に伺ったのですが、
ちょうど協力会員さんが掃除されている場面に出会うことが出
来、実際にサービスが活用されている様子から、訪問から始
まるサービスの流れを体験できて非常に勉強になりました。

 実習3日目、毎日新しい知識を吸収するのにいっぱいいっぱ
いですが、今日も実り多い一日でした。ありがとうございました。

                            浜本 幸枝

 今日午後からヘルプサービスの定期訪問に同行させていた
だきました。少しのヘルプサービスを受けることにより、その
人の人生が変わることが理解できたような気がしました。これ
からもこういったサービスが広まっていくことを願っております。

 皆さんの助けで今日も無事に終わることが出来そうです。
明日からも頑張りたいと思います。

                            井出 隆



 

|

実習2日目!

 今日の午前中はボランティアセンターの事業についての講義。
8項目にわたる事業を丁寧に教えていただき、ボランティアセンターが普段どういった業務をされているのかを学ぶことができました。
 その中で、初めて知ったことの一つが、使用済みの切手がどう換金されるのか、ということ。常々、コレクターの方が喜ぶような切手以外のありふれたものはどういった価値があるのだろうと思っていたのですが、切手で切り絵を作成する方が使ったりするとのことで、確かに、そういった作品を見た記憶が蘇り、あれはそういうルートを辿って作品になったものなのか!と納得しました。

 午後は西大井の「ほっとサロン」での見学。火曜日の午後は「筋力トレーニング」ということで、12.3名の方がマシーンを使ってトレーニングされたり、先生に従って体操されたり、という様子を見させていただきました。
サロンに入ったとたん、ゆったりしたやわらかい雰囲気に包まれて、びっくり。
確かにみなさん、「筋力トレーニング」されているのですが、キリキリした感じは微塵もせずに、体操の後も先生の旅行話にみんなで笑いあったりするなど何ともいえず居心地のいい場所でした。指導されている先生も魅力的です。

Img_1649

何人かの方にお話を伺ったのですが、
「孫に留守番を頼まれる時以外は、何より優先で週2でここに来てるのよ」と
元気にお話してくださったり、
「主人と一緒に来てるけど、主人は最近だから私のほうが大先輩なの!」
とにこやかに教えてくださる方もいて、あっという間の2時間でした。
見学させていただいて、ありがとうございました。


Img_1651

【柱もきれいに飾られています。】

まだまだ2日目、明日からもたくさん学びたいと思います。

                                 浜本 幸枝

今日も無事終わりました。年をとっても元気でいられることはよいことなんだろうと思いました。明日からもどこまでできるかわかりませんが、頑張りたいと思っております。

                                  井出 隆

   

|

今日から実習開始です。

本日11月1日から26日まで、12日間の実習に入りました。
初日は大変緊張しましたが、1日、品川社協について多くの職員の方にお話を聞く機会をいただき、皆様、親切に教えて下さいました。感謝です!
12日間、充実した内容にできるように、頑張って吸収していきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

    品川介護福祉専門学校 社会福祉士養成講座 通信課程  
                                 浜本 幸枝

私は脳性麻痺で障害者です。どこまで実習ができるかどうかわかりませんが、
頑張りたいと思います。

    品川介護福祉専門学校 社会福祉士養成講座 通信課程
         201110                         井出 隆

|

« 2008年9月 | トップページ | 2009年6月 »