« 2010年6月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年9月

実習最終日

今日で15日間の実習が最後となりました。

午前はさわやかサービスにて、「ニュース」の印刷手伝いを行いました。(南)

後見センターにて、支援員同行を行いました。(浅田)

午後は実習のまとめの発表の準備を行い、発表に臨みましたrocksweat01

15日間の短い実習を通して…、さまざまな事業に携わることができ、いろんな方たちとも出会い、とても貴重な体験ができました。

来月に行われる「ふれあいまつり」にもぜひ、行こうと思っていますsign03

また機会があれば、足を運びたいと思っていますshine

お忙しい中、たくさんのご指導いただき本当にありがとうございましたweep

短い間でしたが、本当にお世話になりましたbearingheart04  (浅田、南)

041

|

実習十四日目

実習14日目の午前は、さわやかサービスより個人宅訪問を行いました。

電車に乗って、職員の方と一緒に地図を頼りに家まで行きました。家に着いて、利用会員の方と一緒にお話しをして現在の状況や様子を伺いました。とても元気そうで、表情も明るく優しい方でした。

社協に着いて、職員の指導の下経過記録表の作成を行い、利用者の状況について簡単に記録をしました。

とても貴重な体験をさせていただき、勉強になりました。(南)

午前は私たちが書いた実習記録を、職員と一緒にふれあい作業所に届けに行きました。

行く途中に品川区役所に寄って、区役所の各部署について説明をしていただきました。区役所の中を見たことはなかったので、今回入ることができて良かったです。

10時半からイトーヨーカードに入っている福祉ショップテルベの販売補助に行きました。

テルベに行ったのは今回が初めてで、店頭にはふれあい作業所で作っている製品も数多く並んでいました。改めてその商品を見ると、本当に細かいところまでよくできていると思いました。お客さんは来なくて残念だったけど、テルベでどんな製品が売られているのか、どれだけ売れているのかを知ることができてすごく勉強になりました。(浅田)

午後は荏原ほっと・サロンに行きました。

茶話会とカラオケに参加し、みなさんとお話しをしたり歌を歌ったりして楽しむことできましたhappy01notes

|

実習十三日目

実習13日目の午前は、成年後見センターにて支援員の方と一緒に蒲田にある有料老人ホームに行って、被保佐人の方の付き添いをしましたsign01

有料老人ホームから歩いてすぐの理髪店に行って少しの間待機し、その後コンビニに寄ってお買物をしました。今日は天気も落ち着いて涼しい感じだったので、外出も気持ちよく過ごせましたhappy01

午後は、テルベの販売補助に出かけました。テルベとは、品川区内と近隣区の施設の作業生が作った自主製品を売っており、イトーヨーカドーにて販売しています。

今日は残念ながら、作業生は販売補助に来ておらず会うことができませんでしたが、テルベで売っている自主製品を実際に手にとって見ることができました。どの製品も同じものは無く、貴重価値が高いものばかりでとても珍しいものがたくさんありました。

今日は外出が多く、だいぶ疲れがたまりましたが良い体験ができよかったと思いましたrunnotes(南)

午前は、さわやかサービスの移送サービスに同行しました。

実際に車椅子に乗った状態で車に乗り、移送サービスの体験もさせていただきました。乗り心地もよく、車椅子もしっかり固定されていたので乗っていて怖くなかったですcatshine

運転をしてくれた協力会員さんともお話しをする機会があり、サービスについても聞けてよかったです!事務所に戻り、利用・協力会員さんのサービス利用状況なども見ることができました。

午後は、さわやかサービスにて地域福祉活動計画についての説明を受け、その後会議にも参加しました。活動計画は社協が主体となって区民の目線で考えて、計画を立てているということがわかりましたsign03sign03

会議での内容は本当に難しいと感じましたsweat01

明日も頑張りたいと思います(^^)/ (浅田)

|

実習十一・十二日目

shine西大井にあるふれあい作業所に行ってきましたhappy02

西大井が本部ということもあって、作業生も職員の人数も多く、とても活気がありましたsign01

午前中は、4コースに分かれて公園清掃を行い炎天下のなか皆で頑張りましたup

午後は、自主製品作りを一緒に行い、テルベでも販売しているカゴを職員さんに教えていただきながら、完成させましたsmileとても良い作品に仕上がりとても嬉しかったですgood

一日があっという間に終わり、少し寂しさが残りましたが、ふれあい作業所の3ヶ所を体験しそれぞれ違った雰囲気があり、その中で作業生の皆さんと楽しく過ごせてとても良い経験になりましたdiamond

短い間でしたが、お世話になりましたsign03

|

実習十日目

9月11日土曜日にふくしまつりに参加しましたsign03

前日、社協の職員さんたちは準備などですごく大変そうでしたsweat01

当日は朝ミーティングを行い、その後各担当の係の仕事を行いました。私たちの係は集客・誘導とステージのセッティングでした。

集客・誘導は猛暑だったため、立っているだけで汗が出てくるぐらい大変でした。ステージのセッティング作業ではいろいろなステージを見ることもできて、見ながら作業が行えたので良かったです。ステージはいろんな団体が出ていて、本当にどれも感動するステージでしたhappy02shineshine

開会セレモニーではふれあい作業所の作業生による和太鼓を見ることができたり、ふれあい作業所が出している模擬店ではうどんや焼き鳥、かき氷、飲み物も売っていて全部美味しかったですsign03

バザー会場にはたくさんのお客さんがいて、民生委員の方たちも一生懸命頑張っていました。

ふくしまつりに初めて参加してみて、すごく楽しむこともできて学ぶこともたくさんあったので一日本当に良い体験ができましたcat

|

実習九日目

今日午前は、さわやかサービスによる個人宅訪問に行きました。

実際に利用会員さんの家に行ってお話を聞くということは、初めてだったので最初緊張しました。訪問した時、協力会員の方が部屋の掃除をしているところで実際にサービス提供しているところを観ることが出来てよかったですsmileshine

利用会員と協力会員の方ともお話しをする機会がありました。利用会員の方は手や足が不自由で掃除などができないため、掃除や買物をしてもらえると本当に助かるとおっしゃっていました。協力会員の方は、いろんなお話しを聞けて楽しいし、いつも元気を貰っていると楽しそうでした!信頼関係を築けていてお互いにとってこのサービスがプラスになっているのだと感じました。(浅田)

今日の午前は後見センターより、支援員の方と一緒に被後見人の財産管理のお仕事に同行させていただきました。

いくつかの大井町近辺にある銀行に行って、貸金庫にある通帳の出し入れを行い、少し手元が緊張しましたが、後見人にとって重要な仕事なんだと実感しました。

また、別の支援員の方と一緒に八潮のほうにある特養のかえで荘に行き、被後見人の方の財産を渡しに行きました。かえで荘の運営主体である品川総合福祉センターについても詳しく知ることができ、支援員の方とも社協との関係についていろいろお話を聞かせていただき、とても充実した日でしたcatheart04(南)

午後は、品川介護福祉専門学校に行き、実際に授業に参加しました。授業の内容は、排泄についてでした。排泄介助を行う上で、重要なポイントと照らし合わせて、生徒に分かりやすく教えていました。

事務長からは、専門学校についての説明を中心にたくさんのお話しを聞かせていただきました。また、施設見学も同時に行いました。

今日はいろんなところに行き、いろんな体験や話しを聞けて良かったですsign03

|

実習八日目

今日は午前は後見センターの支援員の方と一緒に福栄会を見学に行きました。支援員の方は以前、福栄会の園長をしていた方だったので福栄会についていろいろ聞くことが出来ました。

事業についての説明を受け、実際に施設を見学し、施設の大きさに本当に驚きました。高齢者・障害者・児童の分野の施設があり、すべての分野に力を入れていることを知りました。利用者さんのお部屋も見させていただき、利用者さんとも少し話すことが出来ました。

福栄会は、本当に品川区の中でも大きな施設であり、多機能型施設や三職種との連携が親密であると実感しました。

午後は、ボランティアセンターでほっと・サロン「福寿草」に見学に行きました。

着いた時には皆さんがお茶を飲みながらお話しをしているところでした。私たちの分まで用意していただき、温かく迎えてくれました。一番元気にお話しをされている方が100歳と聞き、とても驚きました。自己紹介も一人ひとりしていただき、私たちに過去の経験などいろんなお話しもしてくれました。

最後に皆さんと歌を歌い、今日のほっと・サロンはお開きになりました。

短い時間でしたが、皆さんととても楽しい一時を過ごすことが出来ました( ^^ )/

030

この写真は福栄会の入り口です!

|

実習七日目

今日は午前に後見センターのケース会議に参加しました。

区の行政の方やケアマネジャーの方が出席し、4つのケースについて1時間程度、話し合いました。4つとも状況がさまざまで、その状況を詳しく知るための質問が多く飛び交いました。ケース方針決定会議までに、見直すことや確認することがあるということがわかりました。

ケース会議のあとに詳しく説明をしていただきました。

法定後見申立に必要な書類についてやケース調査票を見るときのポイント・視点について、助成金制度の導入によって支援対象が増えたことがわかりました。

今日のケースをもう一度見直して、申立作成書について考えてみたいと思いました。

午後、浅田は後見センターの支援員の方と同行しました。

銀行でお金を下ろし振り込む作業や銀行の貸金庫に行き依頼人の通帳や印鑑などを取りに行く作業でした。暑い中銀行を何往復もしたりと、本当に大変な作業だと感じました。支援員の方ともいろんなお話しが出来て良かったです。

午後、南はさわやかサービスの移送サービスに同行しました。ドライバーの方と職員の方三人で車に乗り込み、実際に車椅子に乗り介助を受けながら、移送サービスを受けました。思ったよりも乗り心地がよく、高さがあるため車内のなかを見渡せるほどでした。

さわやかサービスの事業の一つに同行し、サービスについて実践的に学べたのでとても良い機会でした。

|

実習六日目

ふれあい作業所の荏原分室に実習に行ってきました。

荏原分室は作業生が5人、職員の方もパート職員を含め4人という少人数の作業所でした。午前中の公園清掃は炎天下の中9箇所を回りました。作業生は慣れた手つきで掃除を行っていて、私もそれを見習って頑張りました。清掃は思っていたよりもすごく辛いと感じました。

作業生とはすんなりとけこみ仲良くなることができ、午後のリサイクル自転車を磨く作業は楽しみながら行うことができました。

ふくしまつりでまた会えることがすごく楽しみです!(浅田)

中小企業センターにあるふれあい作業所の西品川分室に実習に行ってきました。

西品川分室は、作業生も多く3つのグループにわかれて車で公園清掃を行いました。

作業生の方もとても親切で、初めて会った私に対して優しく色んな事を教えていただき、緊張も解け楽しく活動を行うことができました。午前・午後合わせて8つの公園清掃を行い、暑さの中皆さんと一緒に頑張りました。

あっという間に一日が終わり、少し寂しさが残りますがまた機会があれば実習を行いたいなと思いました。  (南)

|

実習五日目

本日は合同民協の開催ということで、午前中から荏原文化センターに行き、会場のセッティングや受付の手伝いを行い、実際に民生委員協議会に参加しました。

品川区の民生委員の方々が来場し、総勢300人という大人数でした。

14時からの民生委員協議会の約一時間前から受付に立ち、民生委員の方々の案内を行いました。

民生委員の方は、「暑いね」と気軽に声をかけてくれるほど心優しい方が多かったです。また、民生委員同士の交流も多く明るい雰囲気でした。

民生委員協議会はスムーズに進み、無事に終了することが出来ました。(浅田・南)

028

上の写真は、講演会が行われた荏原文化センターの写真です。

|

実習四日目

今日は、ボランティアサービスにて事業説明を受け、ほっとサロンに見学に行きました。

会議室にてボランティアサービスの事業についてお話を受けた後、ボランティア活動の一つである「切手整理」を行いました。

これは町内会や企業、一部の小学校から集めてもらった使用済みの切手を業者に引き取ってもらうために、ボランティアさんが切手をきれいに切り取る作業です。

なかには珍しい切手や何十年も前の古い切手も発見しました。この作業を行いながら会話をすることも出来るので、ボランティアの人も気軽に参加できる活動だと感じました。

午後は、ほっと・サロンについての事業説明を受け、実際に西大井ほっとサロンに見学に行きました。

今日も猛暑だったので、暑い中自転車をこいで大変でしたsweat01

ほっとサロンでは講師の指導の下、私たちも筋力トレーニングを行いました。思っていたよりもキツイものでした。下の写真は筋力トレーニング中の写真です。

その後、うたごえサロンにも参加しました。皆さんが温かく迎え入れてくださり、とても楽しむことができました。今日一日ありがとうございました。

022

|

実習三日目

今日は、午前にさわやかサービスより事業説明を受け、午後は入門研修に参加しました。

入門研修には、実際に協力会員になっている4人の方々と一緒に行いました。

パワーポイントを使って約一時間、さわやかサービスのしくみについて説明を聴きました。その後、実際に外に出かけて車椅子体験を行いました。

二人一組になって、公園までの段差や信号、坂を車椅子で進んでいきました。車椅子の方の顔が見えない分、段差があるときには声かけをして気分を和らげるよう配慮することも大事だと実感しました。

017

この写真は、段差があるところでの介助の様子です。皆さん真剣に説明を聴いています。

明日はボランティアセンターでの実習です。頑張りたいと思います。

|

実習二日目

実習二日目が無事に終わりました。

午前中は社協だよりの封入作業をボランティアの方々と一緒に行いました。

社協だよりの数の多さには少し驚きました。私たちに比べ、ボランティアの皆さんは慣れた手つきで封入し、あっという間に封入作業が終了しました。

封入作業中も社協だよりの数え方のアドバイスをいただいたり、手伝っていただいたりとボランティアの皆さんにはたくさん助けられました。

その後、一緒にお茶を飲む機会があり、むつき会という団体が作った「さわるえほん」や「においのえほん」を読ませていただきました。この点字のえほんは、全てが手作りで本当に細かい虫の足までも丁寧に作ってあって、とても感動しました。

ボランティアの方々は本当に心が温かい人だと感じました。

午後は、成年後見制度についての説明を受けました。

授業で習っていたので軽くは知っていましたが、今回の説明で法定後見制度と任意後見制度の流れと仕組みを理解することができました。また、品川社協独自のあんしんの3点セットがあるということも知りました。

明日も1日集中して実習に励みたいと思います。

|

実習初日

今日から実習が始まりました。

今日はオリエンテーションと事業説明をしていただきました。

実習初日ということもあり、最初はとても緊張していましたが、職員の方々に積極的に話しかけていただいて、途中からリラックスして実習を行うことができました。

事業説明では、実際に高齢者用の杖や視覚障害者用の白杖を触って重さや造りについて学び、それぞれの杖の長所や短所など今まで知らなかったことを知ることができました。

生活福祉資金貸付制度は、以前、授業でも勉強していましたが、品川区社会福祉協議会独自の小口生活福祉資金があるということを知り、その貸付の仕方についても具体的に知ることができました。

明日からも今日学んだことを活かし、頑張りたいと思います。

短い間ですが、どうぞよろしくお願いします。

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年11月 »