« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

実習21日目

今日は午前中、成年後見制度に関するDVDを拝聴しました。

制度や仕組みを簡潔に説明するものと、品川区成年後見センターが取材を受けた番組を見ました。

お一人暮らしをされているご高齢の方の様子が変わっても遠く離れたご家族にはなかなかその状況は伝わらないものです。

身近に住む人が見守ることで地域で安心した生活が送れるように、後見センターの仕事が多くの方に理解していただけたらと思いました。

午後は公証役場の先生を講師に「遺言」についての講習会に参加しました。

約40人の参加者がいらっしゃり熱心に説明をお聞きになっていました。

「遺言」は以前は亡くなる直前に作るか、財産なんてないからと特に話題にもなっていなかったと思います。私もまだまだ遠い世界のような気持ちでいました。

最後まで、あるいは亡くなった後もご自分の意向をはっきり周囲に伝えるために、正確で効力のある遺言はとても有効だと思いました。

この講習会を受けて、私もエンディングノートなどで、自分の希望や身の回りの状況を整理したいと思いました。

|

実習20日目

今日は午前中、南品川ほっとサロンのママ&ベビーヨガクラスを訪問しました。

5組の親子の方が参加されていました。小さな子どものいるお母さんはなかなか自分のケアをする時間がとれず、腰痛や肩こりで悩まされている方も多いかと思います。

こういった参加が自由なクラスは子どもの体調に合わせて出席できることと、参加者同士が、お茶を飲みながら気軽に育児の悩みなどを話すことができて、本当にいい機会になっていると感じました。

午後はさわやかサービスの個人宅訪問に同行しました。

かなりご高齢の方で最近は体調が悪いそうですが、以前のお勤めのことや遊びにきてくださるご友人のことなどいろいろお話を伺うことができました。

さわやかサービスではケアマネージャーや病院の方などと一緒に連携をとって、ご本人の希望である在宅生活を支えていました。

一番したいことはの質問には、「外出」とのお答えでした。希望がかなえられるように今後も生活支援ができたらと思いました。

|

実習19日目

今日はふくしまつり当日でした。幸い天候にも恵まれ大勢のお客様がいらしてくださいました!

私は、ステージ出演者の受付をお手伝いしましたが、ダンスあり演芸ありとバラエティにとんでいて、控え室もにぎやかでした。

区内の多くのふくし団体や支援くださる方にお会いすることができ、NPOのボランティアに参加している知人にバッタリあったりとうれしい体験ができました。

朝から夕方まで会場内を飛び回っていましたが、とても充実した一日でした。

|

実習18日目

今日は午前中、ボランティアセンターの通信の印刷発送作業をしました。

ボランティアの方も4名いらして、どんどん作業を進めていらっしゃいました。センターの活動自体もこうしたボランティアの方に支えられているのだとあらためて思いました。

午後はあさってに迫った「ふくしまつり」のバザーの準備でした。会議室にあふれるような品物を民生委員の方が手際よく値つけ、整理していました。

汗をかきながら品を書き分けること2時間、びっくりするような品物の山も片付き、ほっと一息。当日たくさんの方にお買い上げ頂けると幸いです!

社協の活動では度々、民生委員の方にお会いします。本当に、地域で福祉を支える大きな担い手になっていらっしゃるのだと感じました。

|

実習17日目

今日は、サポしながわへ伺いました。

東京しごと財団(ハローワークと連携)の協力のもと、求人・求職情報を提供されていました。

ハローワークと違い求職者お一人お一人にあった事業所とマッチングをしたり、面接や履歴書の書き方の指導をしたりと、いらした方へ丁寧に対応をされていました。

休職中は不安になることも多いと思いますが、こうして一人一人を大切にしていだだけると、安心できると思いました。

|

実習16日目

午前中、成年後見センターのケース会議に同席をさせていただきました。

今後、判断力の低下等で成年後見制度を利用した方がよいと思われる方の現在の状況などを、品川区の職員の方、在宅支援センターの方など関係する方が一同に集まって検討されていました。

実習前半でうけた事業説明の「成年後見制度利用までの流れ」や、いままでの支援員さんとの同行での財産管理や面接が、一つの流れとして実感できました。

会議では、「その方の希望や生活がよりよくなるための決定にする」ことを再確認していました。後見制度に携わる方が真剣に一人の人を地域でささえようとしていると感じました。

午後は、職員の方と「あんしん3点セット」の契約者宅を訪問しました。

とてもしっかりされていましたが、時に気弱になられることもあり、お元気なうちからこうして定期的にお会いして体調をお伺いしていることが、ご本人の安心に繋がっているようでした。

|

実習15日目

午前中は、品川介護福祉専門学校で実習をさせていただきました。

社会福祉協議会が運営している学校であり、全国的にも珍しい学校だということを知りました。授業を見学して、実践を通して介護を学んでいると感じました。

018

午後は、実習生一人が、福祉ショップ「テルベ」で実習をしました。丁寧に作られた製品だということが、お店に行って分かりました

実習生二人は、本日で実習が最終日でした。

職員と評価面接をし、そのあとは実習発表を行ないました。15日間の実習を振り返り、学んだことや感じたこと、印象に残ったことをパワーポイントを使って発表しました。

職員の皆さんの前での発表は緊張しました。

ここには書ききれないような多くのことをこの実習で学ぶことができました。15日間ありがとうございました。

019

|

実習13・14日目

ふれあい作業所で実習を行いました。

知的障害者の作業所で公園清掃や製品つくりに参加しました。

猛暑の中の清掃作業でしたが、作業生の皆さんは慣れた手つきで黙々と進めていました。製作作業中も作業生同士で会話を楽しんだり、とても明るい雰囲気でした。指導員の方が作業生一人ひとりに目配りをされている姿が印象的でした。

自転車作業では、使えなくなった自転車を新品のように綺麗な状態に仕上げていました。磨く作業は、とても力のいる作業なため、1台磨き上げるのはとても大変なことだと作業をして感じました。

|

実習12日目

今日は午前中はさわやかサービスで個人宅に訪問しました。

今回の個人宅訪問の目的は、依頼内容がさわやかサービスの活動のなかで実現できるのか、職員が実際に見に行き検討するというものでした。

実際に現場に足を運び状況を確認し活動が可能かどうか見極めることは、協力会員の方々が安心して活動するためにとても大切なことだと思いました。

午後は、成年後見センターの支援員さんと個人宅に訪問しました。本人が施設入所後も自宅の管理をしている様子を実感しました。

016 『写真:ほっとサロンの様子①』

017 『写真:ほっとサロンの様子②』

|

実習11日目

今日は午前中は、ファミリーサポートセンター提供会員養成講座に参加しました。014

保育所や幼稚園と違い、家庭の雰囲気のなかで子どもが過ごすことができるところが提供会員の魅力だと思いました。

015

午後は南品川のほっとサロン「しゃべり場・南」を訪問しました。

シルバーセンター内にあり地域の方が自由にお茶を飲み、お話しをしていました。

作業所の方が作ったお菓子を出し、ゆっくりとおしゃべりをたのしみました。

運営スタッフの方がとてもお話しが上手であっという間の2時間でした。

|

実習10日目

今日はシルバー成年式でした。

古希70歳を迎えた方のお祝いの式典会場に、社会福祉協議会のブースを出展し募金活動をしました。

「写真:社会福祉協議会のブースの様子」

011

社会福祉協議会のことをご存知の方が多くいらっしゃいました。募金をしてくださった方に、ふれあい作業所で作られたものをプレゼントしました。一つ一つ手作りなので、プレゼントを受取った方は、とても嬉しそうにしていらっしゃいました。

013

式典が終了したあとは、一つ下の階でイベントを開催していました。

参加者の方々は、それぞれのコーナーで楽しんでいました。食品も美味しいものが安く提供されており、とても人気でした。

|

実習9日目(サポしながわ)

9月9日、実習9日目は一日サポしながわで実習を行いました。

無料職業紹介所に行くことは初めてでした。

午前中は事業説明、サポしながわの役割や目的などを聞くことができました。

「定年退職後の職場の提供を」と聞き、無料職業紹介所は職を探している方々と職場を繋ぐ架け橋になっているのだと感じました。

窓口対応を見学した際は、仕事をまだまだしたいという人の気持ちを汲み取って、細かな部分でもサポートしていることがわかりました。

|

実習9日目

今日は、午前中「西大井ほっとサロン」でおこなわれている『トリム体操』に参加させていただきました。

約1時間くらいかけて、トリム体操を行ないました。体全体を使ったので、良い運動になりました。体操の後は、茶話会をしました。お茶を飲みながら、お話しを楽しまれていました。ほっとサロンが、地域交流の場となっていると感じました。

009 『写真:トリム体操の様子』

午後は大森で行なわれている地域サロンゆうゆうに伺いました。

手芸とマージャンをしながらお茶とお菓子をいただき、とてもゆっくりとした時間が流れていました。

長年楽しんでいるからでしょうか、編み物やクラフトを作るスピードがはやくて驚きました。

和気藹々とした雰囲気が素敵でした。

010 『写真:ゆうゆうサロンの様子』

|

実習8日目(サポしながわ)

一日、「サポしながわ」で実習をさせていただきました。

午前中は、サポしながわの事業について説明していただき、どのようなことが行なわれいるのかを学びました。

午後は、窓口対応を見学しました。サポしながわに初めていらっしゃたお客様の対応を見させていただきました。また、実際に求人検索もさせていただき、どのような仕事があるのかを見ることができました。

|

実習8日目

今日は午前中、品川第二地域センター内にある支え愛・ほっとステーションを訪問しました。地域センターに社協の職員が常駐し、センターの職員の協力を得ながら、コーディネート業務を行なっていました。

地域支援員(ボランティア)が、ご高齢などで生活する上でちょっとした困りごとに対してお手伝いをする、また相談ごとを必要な所につなぐ、そんな役割を担っていました。

実習中も地域の方からの相談のお電話やお問合せがあり、同じ地域に住む身近な人同士で支えあいの実践を行なっていることが実感できました。

午後は市民後見人の方が後見をしている被後見人の方の面会に同行しました。ご高齢の方が多くみなさん言葉は少ないのですが市民後見人の方を信頼されている様子で、また市民後見人の方も本当に心を込めて話しかけていらっしゃる姿に感動しました。

007

午後は西大井ほっとサロンでの「ママ&ベビーyoga」に参加しました。

講師の方が実際にヨガの指導をしていて、わかりやすく本格的だなと思いました。ヨガを体験したことがなかったので、体験できて良かったです( ´・ω・`)

子どもも一緒にできるヨガもあって、親子のコミュニケーションの場も見ることができました。家にいると子どもと二人きりの時間が多いそうで、ほっとサロンの活動はストレス解消になると参加者の方々は話していました。ヨガのあとのお茶の時間も、子どもの話しや世間話をしていてとても良い雰囲気を感じることができました。

008

|

実習7日目

午前中は市民後見人の後見監督人への定期報告に立ち合いました。

後見監督人は市民後見活動の監督だけでなく、相談助言を行い、市民後見人がスムーズに活動していくためにとても重要な存在だとわかりました。

このような社会貢献意欲のある方々の活動の場の提供も社協の役割なのかなと思いました。

午後は実習生の二人はケース会議に出席しました。ケース会議には、社会福祉協議会の職員のほかに、区役所の職員も参加されていました。他の機関との連携している様子をみることができました。実習中に、他にどのような機関とかかわっているのか学んでいきたいです。

実習生の一人は「さわやかサービス」の協力会員の入門研修に参加しました。実務の説明の後、実技研修で車椅子での外出体験をしました。

車椅子を押すだけでなく、乗る立場を体験すると思っていた以上にスピードがあるように感じたり、駐車中の車との距離が近かったりしました。

実際に普段ご利用になっている方の気持ちになって、車椅子を押して差し上げることの大切さを感じました。

005

006

|

実習6日目

午前は荏原ほっとサロンに行きました。

今日の荏原ほっとサロンでの活動は、茶話会とカラオケでした。

参加者の皆様は、とても居心地がよさそうな印象を受けました。場は和やかな雰囲気で、会話やカラオケを楽しんでいました。

実際に参加者の方と交流してみて、楽しさも伝わってきました。毎回ほっとサロンに集まるのを楽しみにしているようでした。

午後はさわやかサービスで、車椅子ごと乗車できる車両の乗車体験と送迎の様子を見学しました。

車椅子に乗ることに慣れていないせいか、乗る前は少し不安な気持ちもありましたが、協力会員の方が乗降の際に丁寧に声をかけてくださったので気持ちよく車に乗ることができました。利用している方を第一に考えていることが、体験を通して理解することができました。貴重な体験ができて良かったですヽ(´▽`)/

明日もがんばります!★

|

実習5日目

今日は午前中ボランティアセンターの事業説明を受けました。

ボランティアをしたい人と必要としている人を結びつける役割を担っています。

説明を受けて、地域貢献ポイント事業が印象に残っています。この事業は、多くの特色があり、地域の活性化にも繋がるような内容でとても興味深いものでした。そのほかでは、ボランティアの依頼の内容をどのようにして地域の人々に知ってもらうかというのが今後の課題になってくるのではないかなと思いました。

003

004

午後は切手整理に参加させていただきました。

悪天候のなか、予想よりも多くの地域の方々が切手整理に参加していて驚きました。そこでは、切手整理だけでなく人々の交流の場にもなっているようで参加者の方々は会話を楽しみながら自分のペースで活動していました。

二時間切手整理作業を行なって、予想以上に疲れました。

ありがとうございました。

|

実習4日目

今日は、品川区民生委員協議会に参加させていただきました。

002 【写真】会場の様子

協議会の最初に、参加者全員で民生委員信条の唱和をしていました。毎回必ず行っていることだと知り、いつも初心の気持ちを忘れないためにもおこなっていることだと思いました。

会場では、区役所の職員の方とも協力をして運営をしたのですが区役所と社協との関わりを感じました。協議会の内容からもそれを理解することが出来ました。

役所や社協がおこなっている事業やその他の情報を地域の方々と共有する大切な場であることがわかりました。

|

実習3日目

午前中は「さわやかサービス」について事業説明を受けました。

今年で20年目になり家事の支援だけでなく車両による外出支援のサービスや産前産後のサービスなども増えているそうです。

001

午後はさわやかの個人宅訪問と、後見の支援員同行をしました。

さわやかサービスでは会員宅を訪問してサービス希望の聞き取りや顔合わせを行いました。個人のお宅にお邪魔させていただきましたが、とても良い雰囲気でした。

後見センターの支援員同行では、障害を持った方と買物に行ったのですが支援員の方が商品について事前に良く調べていたのでスムーズに買物を済ませることが出来ました。利用者の方と手話や筆談でコミュニケーションを取りながら何かをやることが初めてだったので、とても良い経験ができたと思っています。

支援員さんと1人暮らしをしている高齢者のお宅に訪問させていただきました。月に一回程度訪問し、安否確認などを行っているそうです。また、成年後見の財産管理がどのように行われているのかを学ぶことができました。

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »